ミニマリスト

ミニマリストになりたい人が、まず断捨離していいもの5選

 

 

ミニマリストになりたい人「ミニマリストになってみたいけど、まず何から手を付けていいか分からないなあ。断捨離なんて今までしたことないし、何からすればいいんだろう。初心者でも分かるように、ミニマリストの人の考え方が知りたいな。

本記事では、ミニマリストの僕が、こうしたミニマリストになりたい、断捨離初心者の方の悩みに答えます。

こんな方におすすめ

  • ミニマリストになりたい人
  • 断捨離をしたいけど、捨てていいものが分からない人
  • 次の休みで思い切って断捨離をしようという人

現在僕は、1人暮らし5年目で、ワンルームでミニマリストをしています。

人を部屋に入れると、全員に「物が少ないね」「ミニマリスト?」と言われますが、なぜか、「自分もこんな部屋に住んでみたい」と言われることも多いです。

今回は、少ない物で暮らす、ミニマリストの生活や考え方を目指したい人に向けて、

『ミニマリストになりたい人が、まず断捨離していいもの5選』を紹介します。

あくまで、僕の考えなので、読んだ後に、気に入った所があれば、取り入れてみてくださいね。

 

ミニマリストになりたい人が、まず断捨離していいもの5選

 

断捨離していいもの5選

  • 家にあるマット類
  • 食器
  • 靴下(→統一する)
  • タオル(→統一する)
  • お気に入りじゃない服

少し、最初から捨てるには、ハードルが高いかもしれませんね。

でも、これらを断捨離することで、部屋がかなりスッキリしますし、ミニマリスト思考が身についてきて、その後の断捨離もスムーズにすることができますよ。

順に解説していきます。

家にあるマット類

家にあるマット類です。僕はお風呂場の珪藻土マット以外置いていません。

玄関マット・キッチンマット・お風呂のマット・トイレマット・ラグ・カーペット

その他、マット類です。

マット類を捨てる理由は、2つあります。

  1. 床面積が増える
  2. 掃除が楽になるし、実はない方が清潔

1つ目、部屋の下の床が見えるようになることで、スッキリと広い部屋に見せることができます。

部屋を広く見せるテクニックの一つに、「脚付きの家具を置く」などありますが、マット類を無くせば、見える床の面積が大きくなり、広く快適な部屋に近づきますよ。

2つ目、掃除が楽になるし、実はない方が清潔

マットを掃除する時、マットの上を掃除気かけて、マットを敷いているのに、マットの下も気になって、掃除機かけていませんか?

僕も、以前はこれをしていました。

掃除にかける労力と時間の無駄になっていますね。

それに、マットの洗濯もすごくめんどくさいですよね。

マットがなければ、軽く掃除機をかけて、クイックルワイパーをするだけで済みます。

また、少し想像して欲しいのですが、トイレマットやキッチンマットって、汚れを受け止めていますよね。汚れを吸収して、定着させてしまっています。

マットがなければ、床の汚れは目に見えるので、そこを掃除すればいいですし、床は布ではないので、菌を貯めこむこともありません。

 

こうした理由から、部屋からマット類を断捨離することって、メリットが多いんです。

ミニマリストを目指す方は、マット類を無くして、効果を実感してみてください。

食器

使わない食器を手放しましょう。

食器って意外と使わないのに、たくさん置いてありますよね。

使わない食器は、思い切って、手放してみることをお薦めします。

もちろん、料理が好きで、色んな食器で料理の盛り付けを楽しみたい方にとっては、大切な物だとおもうので、ここは読み飛ばしてください。

ただ、食器なんて、ごはん茶碗とあれとあれと。。。のような昔の僕みたいな方は、食器の断捨離がおすすめです。

グラスなどもそうですね。

お客さんや友達が来た時に使うし、持ってればいつか使うかもしれないし、、

というものは、「使う頻度」で考えてみてください。

毎日使う食器はもちろん必要なものですね。

月に1度くる友人のための食器も、必要ですが、月に約30日間は置いてあるだけの食器です。

3か月に1度くるお客さんのための食器は、その日以外は、自分の生活には不用品ですね。

 

ごめん、ちょっと断捨離したから食器ないんだよね~
外食しよっか。家で飲むなら、紙コップ買ってく?

こんな感じでいいんじゃないですかね!

食器やグラスは、使う日以外は使わないんですね。

頻度で考えて、不要なものは、手放しても困ることは少ないです。

 

それより、スッキリとした見た目のキッチンで快適に過ごす方が、メリットが大きいです。

 

ミニマリストを目指して、キッチンも断捨離していこう、という方は、頻度で考えることを

お薦めします。

靴下

靴下に関しては、捨てて履かなくなる のではなく、ミニマリストを目指すのなら、「統一する」のが

お薦めです。

僕は実際に、靴下は統一したものを毎日使っています。

昔は、色んな柄の靴下を使ってましたし、洋服を買いに行くたびに、靴下も買っていました。

でも、靴下って管理するのけっこう労力を使うんですよね。

ミニマリスト思考の1つとして、靴下の統一は個人的にすごくお薦めなので、ぜひ実践してみてください。

ここは、【ミニマリストの靴下管理】(この記事に飛びます)で解説しているので、

 

ぜひ読んで、ミニマリストの靴下管理を実践していただきたいです。

タオル

タオルに関しても、靴下と同じです。統一をお薦めしますよ。

僕も、タオルは最近統一し始めたのですが、タオル選びの負担が減りますし、管理も楽になりました。

タオルを統一するメリット
  • タオル選びで頭を使わなくて済む
  • 買い替え、買い足しが楽
  • 部屋に統一感が生まれて、シンプルになる

 

僕はこんな感じで、タオルを統一することにメリットを感じたので、実践しています。

以下に僕の実践しているタオル管理を紹介している記事を載せるので、ぜひ参考にしてみてください。

こちらもぜひ【ミニマリストのタオル管理】必要な枚数や色は?ミニマリストのタオル見せます。

続きを見る

断捨離初心者の方には、少しハードルが高いかもしれませんので、今使っているタオルを全部、同じものに置き換えて、1か月生活してみることをお薦めします。

 

1か月で、自分に合う方法だなと思ったら、ぜひ、ミニマリスト思考の1つとして、タオルの統一を行ってみてくださいね。

 

お気に入りじゃない服

今着ている服、もしくは今日着ようと思っている服は、お気に入りですか?

収納の一番スペースを取っているものって、服ですよね。

服の断捨離は、勇気が要ります。でも、その分、部屋も気分もスッキリするので、とてもお薦めです。

僕が実践している、服を捨てる時の基準の紹介します。

  1. 季節もの以外の1か月着てない服は手放す
  2. 着ていてワクワクしない服は手放す
  3. 十分に着たお気に入りの服

 

まず、季節もの以外の最近着ていない服

季節ものでもないのに、ここ最近着てないし、着るつもりもないな、という服は不用品です。

プレゼントにもらったから、とか、思い出の服だからという理由もないのであれば、まず捨てましょう。

次に、着ていてワクワクしない服

着ていてワクワクしない、気分の上がらない服は捨てましょう。

服って基本的に1日着ているものなのに、ワクワクしないのはもったいない。

こうした服を手放すと、かなりスペースが空きますし、気分もスッキリしますよ!

 

最後に、十分に着たお気に入りの服

感謝の気持ちを込めて、丁寧に捨てましょう。

お気に入りだったけど、首とかよれちゃってるし、シミとかもついてる。今は他にお気に入りができたし、最近は着てないな。

という服があったら、思い切って捨てましょう。

捨てるのを迷うものほど、捨てられた時の解放感は大きいですし、案外手放しても困ることって、少ないんですよね。

本当に必要なものは、そもそも捨てようか迷うことはありませんしね。

の断捨離は、そういった面でも、ミニマリストになりたい方におすすめですよ!

得られる効果がとても大きいです。

 

まとめ

今回は、ミニマリストを実践している僕から、ミニマリストになりたい方に向けて、

まず初めに断捨離してもいいんじゃないかと思うものや、捨てる時の考え方について

紹介してきました。

 

 

断捨離は、無理のない範囲で、自分に合った方法ですることが大切だと思います。

 

断捨離やミニマリスト思考には、必ずメリットになるものがありますので、

 

もし、ミニマリストになりたい方で、この記事に共感していただけたら、

ぜひ実践してみてくださいね。

 

では、また。

-ミニマリスト