ライフスタイル

【1人暮らし男性向け】シンプルでおしゃれな部屋作り4つのポイント

初めて1人暮らしを始める人、おしゃれな部屋に憧れている人、

部屋作りを考えるのって、とてもワクワクする時間ですよね。

でもどんな風におしゃれな部屋を作ればいいんだろう。 部屋作りのポイントとかあれば分かりやすいのにな。

 

今回は、シンプルでおしゃれな部屋作りのポイントを紹介します。


このポイントを押さえた部屋作りをすれば、誰でもシンプルでおしゃれな部屋作りができますよ。

 

シンプルでおしゃれな部屋作り4つのポイント

 

おしゃれな部屋作り4つのポイント

  • 部屋の配色は『3つの色』を意識しよう
  • 部屋を広く見せるには、背の低い家具を置こう
  • オシャレな部屋をつくるには「物は少なく」しよう
  • 観葉植物を置いてアクセントにしよう

シンプルでおしゃれな部屋を作りたい人は、この4つのポイント意識して部屋作りをしてみましょう。
順に解説していきますね。

 

部屋の配色は『3つの色』を意識しよう

部屋づくりにおける、色の組み合わせは、部屋の印象を決めます。

ポイントは、部屋の中にある色を3色以内にすることです。

壁や床、インテリア全部含めて、部屋の中にある色を3つ以内にしようという意味です。

 

インテリアの配色には、『ベースカラー』 『メインカラー』 『アクセントカラー』
というものがあります。

また、これらの配色には「黄金比」というものがあります。

ベースカラー:メインカラー:アクセントカラーは70:25:5がベストだと言われています。

□ベースカラー
部屋の中の大半を占める色で、部屋のぱっと見の印象を決めます。

色のあるもの 壁、床、天井
比率 70%
適した色 室内で大半を占める色。
ホワイト・アイボリーなどの膨張色がおすすめ

 

□メインカラー
部屋の中の比較的大きな面積を占める部分で、部屋の雰囲気を決めます。

色のあるもの カーテン、ラグ、机、本棚、など
比率 25%
適した色 インテリアの主役になる色。
薄い色か濃い色をベースカラーに合わせて選ぶ。

 

□アクセントカラー
小物やオブジェで部屋のアクセントになり、空間を引きしめます。

色のあるもの クッション、ポスター、小物
比率 5%
適した色 部屋の変化や遊びを演出する色。
メインカラーの反対色がおすすめ。

 

部屋の壁や床、インテリアを決めるときは、この3つの種類の色のバランスを意識してみてください。

この比率を意識するだけで、おしゃれな雰囲気の部屋になります。

部屋を広く見せるには、背の低い家具を置こう

部屋を広く見せたいという方が、

気にするポイントはたった2つです。

シンプルな部屋を広く見せる方法

  • 背の低い家具をおく
  • 部屋の動線で抜けをつくる

まず1つ目、「背の低い家具を置く」です。

背の低い家具を選ぶことで、圧迫感のないすっきりとした部屋になります。

  • ベットは脚付きのではなく、フロアベットやローベットにする
  • ソファはゆったり座れる大きな物でなく、ローソファや座イスにする

というように、なるべく部屋にあるインテリアを全て低くする意識を持ちましょう。

続いて2つ目、「部屋の動線で抜けをつくる」です。

部屋のドアから窓までの、『抜け』を作りましょう。

部屋の動線と外の景色が繋がることで、部屋がとても広く見える効果があります。

  • ドアから外まで何もおかない道を作る
  • 部屋と外の景色を繋げることで、明るく見えるようにする

というのを意識して部屋作りをすると解放感のある広い部屋を作れますよ。

ドアから1本の「抜け」がある部屋の例

シンプルでおしゃれに見せるには、広々として解放感があることがポイントですね。

  • 背の低い家具をおく
  • 部屋の動線で抜けをつくる

という2つのポイントを意識してみてください。

 

オシャレな部屋をつくるには「物を少なく」しよう

物が多い部屋は、シンプルでおしゃれには見えません。

オシャレな部屋を作るなら、「物を少なく」しましょう。

物の少ないオシャレな部屋を作るために意識することはたった2つです。

「物の少ない」おしゃれな部屋のポイント

  • 床に物を置かない、床が見える面積を増やす
  • 生活に必要なものは隠す収納をする

まず、床には何も置かないようにしましょう。

床に物がおいてないだけで、

「物の少ないオシャレな部屋」に見えますよ。

こうすることにより、部屋に解放感が生まれて、広くおしゃれに見えます。

具体的な方法は、

 
  • ラグやカーペットは敷かない
  • 家具は脚付きのものにする

です。この2つを意識しましょう。

ラグやカーペットを床に敷いてしまうと、床が見える面積が小さくなってしまい

部屋の解放感が失われてしまいます。

また、家具を脚付きの物にすることで、床が見える面積を増やすことができます。

こうすることで、すっきりとしたシンプルな印象をあたえることができ、おしゃれに見えます。

次に、生活感のあるものは隠しましょう。

具体的に意識することは

 
  • コード類の配線を隠す
  • 市販の物のパッケージを隠す

です。この2つ意識して部屋をつくるだけで、生活感がなくなり、

グッとおしゃれな部屋に近づきますよ。

コード類の配線は、インテリアでうまく隠したり、ソファやベットの後ろを通すなどして、

隠す工夫をしましょう。

また、市販のもののパッケージは無地のものに変えたり、

部屋の雰囲気に合うものに移すなどして、生活感をなくしましょう。

  • 床に物を置かず、床が見える面積を増やす
  • 生活に必要なものは隠す収納をする

 

この2つを意識して、「物の少ない」シンプルでおしゃれな部屋を作りましょう。

観葉植物を置いてアクセントにしよう

色やインテリアの配置を決めたら、アクセントとして観葉植物を置きましょう。

観葉植物があるだけで、グッとおしゃれな部屋に近づきますよ。

観葉植物は部屋の中の、殺風景になりがちな場所に飾るのがおすすめです。

白やアイボリーといった、ベースカラーが背景となるところに観葉植物を置いてみましょう。

観葉植物は、部屋の雰囲気を明るく、優しくしてくれる役割があります。

観葉植物のグリーンは、どんな色にも馴染みやすく、部屋の雰囲気を邪魔しないので、ちょっとしたアクセントに置くにはピッタリです。

 

また、観葉植物には、部屋の見た目がおしゃれになる他にも、

置くことをおすすめする理由がありますので、

気になる方はこちらの記事で解説していますので、合わせて読んでみてください。

あわせて読みたいミニマリストの部屋には観葉植物を置こう|おすすめの観葉植物

続きを見る

シンプルでおしゃれな部屋作りをすると、どうしても殺風景になりがちです。

 

観葉植物をうまく取り入れて、良いアクセントにしてみてくださいね。

1人暮らしの部屋作りをシンプルに楽しもう

いかがでしたでしょうか。

一人暮らしを始める方、引っ越しをする方、せっかくの1人暮らしなら、

『シンプルでおしゃれな部屋』をつくりたいですよね。

今回紹介した、シンプルでおしゃれな部屋作りの4つのポイントは

おしゃれな部屋作り4つのポイント

  • 部屋の配色は『3つの色』を意識しよう
  • 部屋を広く見せるには、背の低い家具を置こう
  • オシャレな部屋をつくるには「物は少なく」しよう
  • 観葉植物を置いてアクセントにしよう

でした。このポイントを意識するだけで、「シンプルでおしゃれな部屋」に近づけることができますよ。

 

もし、この記事を読んで、部屋作りの際の参考になるなと感じてくださったら、ぜひ、取り入れてみてくださいね。

 

-ライフスタイル